映画「田園に死す」 監督:寺山修司

上

 寺山修司の自己の短歌歌集をベースに、作劇する寺山の舞台劇の設定空間と、その向こうに見えるイメージを結集し映像化した作品。
 恐山近くの村に生まれた少年の、性への目覚めを軸に、故郷を捨て美しい人妻(八千草薫)との駆け落ちを夢想する話をガイドラインとし、寺山の少年時代の経験と感受性からのエピソード群を彩りにして話は進む。
 くわえて、その少年がのちに成人し、東京で映画監督・脚本家になって、監督自身の少年時代を作品化する話を抱き合わせて、現在の私と過去の私(少年)が時空を超える。

 映画中に自身の短歌を読み上げる(ナレーション)イメージシーンが幾度もある。その中からいくつか拾うと‥。
亡き母の真赤な櫛を埋めにゆく恐山には風吹くばかり
たった一つの嫁入道具の仏壇を義眼のうつるまで磨くなり
濁流に捨て来し燃ゆる曼殊沙華あかきを何の生贄とせむ
見るために両目を深く裂かむとす剃刀の刃に地平をうつし
とんびの子なけよ下北かねたたき姥捨以前の母眠らしむ
かくれんぼ鬼のままにて老いたれば誰をさがしにくる村祭
亡き父の位牌のうらのわが指紋さみしくほぐれゆく夜ならむ
吸いさしの煙草で北を指すときの北暗ければ望郷ならず
売りにゆく柱時計がふいに鳴る横抱きにして枯野ゆくとき

 今でも予告編が観れます! 寺山修司の目眩く世界を堪能ください。エピソードの枝葉は多いですが、軸になる話は素直でわかりやすい作品です。今でも予告編が観れます!

  予告編 :https://www.youtube.com/watch?v=QbFZXVU1FF4
 
0-2_20191111203241b00.jpg

0-0-700.jpg

0-0-700-2.jpg


監督・原作・脚本:寺山修司|1974年|102分|
撮影:鈴木達夫|
出演:少年(高野浩幸)|人妻‥化鳥(八千草薫)|旅回りのサーカスの空気女(春川ますみ)|草衣(新高恵子)|股引‥化鳥の夫(斎藤正治)|八千草と心中する男・嵐(原田芳雄)|魔性(小野正子)|少年の母親(高山千草)|巫女(原泉)|兵隊バカ(サルバドール・タリ)|せむし少女(蘭妖子)|一寸法師(ミスター・ポーン)|牛(三上寛)|曲馬座長(中沢清)|詩人(粟津潔)|批評家(木村功)|現在の私(菅貫太郎)|
ちなみに、若きころの三上寛が一曲歌ってます。

ATGの映画はいいですね。
 下記の特集で、ATG作品をまとめています。クリックしてご覧ください。
キャプチャ4 天地52  2


【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
スポンサーサイト



やまなか
Posted byやまなか