映画「つながれたヒバリ」 チェコスロバキア映画 監督:イジー・メンツェル

上
パヴェルとイトカは結婚の約束をするが‥‥
部1 (2)
部2 (2)


中1 (2)この映画は、1969年の製作後、反体制的内容だとして20年間も公開禁止になった作品。(喜劇作品です)
映画の舞台は、巨大な製鉄所に隣接する、膨大なクズ鉄の山がある広大なスクラップ置き場。(このクズ鉄を溶かし鋼鉄をつくるのだ)

ここで働くのは、いや、ダラダラと作業しサボる男たちが、実はこの映画の主人公。まずは彼らを見てみよう。
まず、一人目は‥
哲学教授で図書館司書の男は、「退廃的西欧ブルジョア文学書」と党に指摘され破棄命令が出た書物を、処分することを拒んだ罪で、強制労働収容所に送られ、ここで作業させられている。
中3 (2)検察官の男は、被告人の権利を主張し以下同文。
金ダライ修理屋の男は、雇人4人を抱えて堕落した生活をしていたため以下同文。
床屋の男は失業してここへ来た。(ここで散髪をしている)
ジャズサックスプレーヤーの男はサキソフォンは西欧的で禁止なのに生業にしていたため以下同文。
牛乳屋の男は、店を閉め志願してここへ来た。
ホテルのコックのパウウェルは、土曜の勤務を拒否して以下同文。
中2 (2)そして、右画像中央、背広の男がここを管理する党員の男、彼曰く「労働階級出身はここでは私一人だけだ」。えっ!何それ

さて映画の冒頭、監督は敢えて 以下こういう趣旨のナレーションで始まるオープニングを選んでいる。
「1948年2月、労働階級が権力を握り、社会主義国化したチェコスロバキア共和国という国家をリードし始めた。階級闘争に敗北した人々は産業の現場へ(強制的に)配置され、ブルジョアの「垢」を落とすことになる」と。
じゃぁ、金ダライ修理屋もジャズプレーヤーもホテルのコックも、ブルジョアかえっ!

まあ、こんな風だから、1969年当時、党の査閲で公開禁止となったんだろう。
1966年製作のイジー・メンツェル監督作品「厳重に監視された列車」は、第二次世界大戦の戦時下のチェコスロバキア戦時体制を大いに皮肉った喜劇作品であった。
本作も同様に、社会主義国化したチェコスロバキア共和国の、官僚的な社会主義体制を大いに皮肉った喜劇作品になっている。

また、注目してほしいのは登場人物の背景に映し出されるクズ鉄。
それは例えば砲弾の空薬莢、戦車のキャタピラや車輪、仰向けになった蒸気機関車、貨車、工場の何かの大きな装置設備機器などと、これらがこれまでのチェコスロバキアの歩みを雄弁に物語るのです。
とりわけ映画は、クズ鉄として捨てられた沢山のタイプライターや、金属製の十字架や、聖人の宗教画を金属板に描いたものを重要視する。
つまり、タイプライターをクズ鉄とするは言論弾圧を象徴し、十字架などは宗教弾圧を暗示し、当時の体制に真っ向勝負。
公開禁止になるわな

以上ここまではムサイ男ばかりなので、映画は女性を登場させる。
彼女たちは国外逃亡(脱出)をもくろんだ罪で、収容所に収容されている人々。この中にパヴェルの愛しいイトカがいる(手前三人の右端) 
下1 700
二人はこのクズ鉄置き場で知り合った。
下4 700

党の宣伝教育担当の女が、子たちを連れて課外授業、クズ鉄置き場に来た。
教育担当は、上から目線で子たちに収容されている人々を説明する。そののち、子たちが、党員のシンボルの赤いネッカチーフを収容の男に巻こうとするが、男はこれを嫌がり拒もうとする。公開禁止になるわな
下3 700

収容所内の夜。(下の画像)
この中の何人かは、党の意向に抗ったために、突然姿を消し刑務所へ送られた。
パヴェルも、チョットしたことで刑務所へ。一方、イトカは収容所を出所できた。
だから、パヴェルとイトカの結婚式は、パヴェルは刑務所内で新婦不在で行われ、イトカは粗末な教会で新郎抜きで行われた、が二人ともに幸せ!だった。
下5

本作の予告編はネット上にありませんでしたが、下記は映画半ばあたりのシーンのビデオクリップです。
子たちを連れた課外授業のシーンから始まるこのビデオクリップの編集では、次に、それぞれの収容所にいる男女の関係を強調する仕立てにしていますが、まあ、こういうことは、笑いを誘うエピソードのレベルのシーンです。タッチしてご覧ください。
予告編 決め
https://www.youtube.com/watch?v=KOwvxZ8juuA


オリジナルタイトル:Skrivánci na niti|Larks on a String
監督:イジー・メンツェル|チェコスロバキア|1969年|95分|
原作:ボフミール・フラバル|脚本:ボフミール・フラバル 、 イジー・メンツェル|撮影:ヤロミール・ショフル|
出演:Pavel(ヴァーツラフ・ネッカーシュ)|Jitka(イトカ・ゼレノホルスカー)|Shop Stweard(ルドルフ・フルシンスキー)|Professer(ヴラスティミール・ブロドスキー)|ほか

イジー・メンツェル監督の映画です。
画像をタッチして記事をご覧ください。

写真
スイート・スイート
      ・ビレッジ
写真
厳重に監視された列車
写真
つながれたヒバリ


【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか