映画「みかんの丘」(ジョージア映画) 監督:ザザ・ウルシャゼ

上
エストニア人のイヴォ

敵対する2人の負傷兵の命を救った、イヴォという男の物語。
憎み合う兵士と、中立の立場のイヴォ、この三者の関わり合いを通じて戦争の愚かさ虚しさを、また、有らぬ憎しみを駆り立てる戦争というものを描きます。

物語の舞台は、黒海とカスピ海に挟まれた地域の西側、黒海沿岸の国、ジョージア(旧名称グルジア)。
主人公のイヴォは、そのジョージアの西端のアブハジアに住んでいる。
中6 (2)アブハジア自治政府は、ジョージアからの独立を目指していて、これを阻止しようとするジョージア軍がアブハジアへ侵出し、戦争が始まっていた。

タイトルの「みかんの丘」とは、イヴォの隣人マルガスの果樹園。
イヴォは、マルガスが作るみかんの、出荷用の木箱を毎年作ってきた。
実は、イヴォもマルガスも、北ヨーロッパの国、エストニアの男だ。(バルト3国の1国)

ふたりは共に、一人住まい。
以前は、この地にエストニア人が多く住んでいたけれど、紛争を嫌い、みな母国へ帰ってしまったのだ。
中2二人は何でも相談し合う仲

ではなぜ、この二人の男は、エストニアに帰らないのか。
それは、マルガスのみかんを、独立を目指すアブハジア軍の少佐が買い上げてくれるというのだ。そして、この売上でマルガスは帰国の旅費が得られる。
それで、マルガスもイヴォも、みかんの収穫と出荷の準備をしているのだ。

そんな最中、ふたりの家の前の小道で、アブハジア軍兵士の数人と、ジョージア軍兵士数人との銃撃戦が始まった。が、あっと言う間に戦闘は終わり、静まり返った。(画像左奥はバズーカ砲で破壊されたジョージア軍軍用車)
中4

双方、全滅かと思い、イヴォとマルガスは様子を見に行き、そこで うめき声が聞こえた。それが、ただ一人生き残ったアブハジア軍の兵士アハメドだった。胸に銃弾を受けていた。イヴォは彼を家に入れ、ベッドに寝かせ手当をしてやった。
それから、イヴォとマルガスは両軍の兵士たちを埋葬してやった。
その時、ジョージア軍兵士のひとりが、微かな息をしている事に気づいた。そして、イヴォはアハメド同様、医者を呼び、その兵士の手当てをした。兵士はニカという若い男であった。

にらみ合うふたり。(左)アブハジア軍の兵士アハメドは傭兵でチェチェン人
中1(右)ジョージア軍の若き兵士ニカは、頭に金属の破片を受け瀕死の重傷だった

幸いにもアハメドの回復は早かった。しかし、ここで問題が生じる。
それは同じ屋根の下に、敵兵のジョージア軍兵士がいるということで、アハメドはニカを殺そうとする。
慌てたイヴォは、この家の中では殺し合いは許さないと強い口調で言った。
アハメドは、意外にもイヴォの言うことに従った。神に誓って誓う、家の中では殺さないと。アハメドは、助けてもらった恩を重んじるイスラム教徒であった。
そのうちニカも、なんとか回復してきた。
イヴォは、キリスト教信者のニカにも、アハメド同様の誓いをさせた。
こうして日が経つうちに、アハメドとニカの関係は、敵兵の関係から、徐々にではあるが、人と人の関係に傾き始めるのであった。
左から、マルガス、アハメド、ニカ、そしてイヴォ。今夜は庭でバーベキュー。
中3 (2)

そんなある日、アブハジア軍兵士数人が、イヴォを訪ねてきた。(二人の兵士を家に入れてから、これで2度目だ)
中5 (2)お前の家の近くにジョージア軍の軍用車がある。あれは、どうしたのか知っているか?と尋ねた。明らかに不審がっている。
ジョージア軍兵士ニカのことがバレれば、イヴォも殺されるだろう。
そこで、アブハジア軍兵士であるアハメドが対応し、難を逃れようとした。そして、アハメドがイヴォの家の玄関を出る時、ニカに言った。「何かあったら援護してくれ」と。
しかし、この不穏な空気は消せなかった。
ついにニカが窓から、アブハジア軍兵士に向けて機関銃を乱射した。銃撃戦が始まり、アハメドもニカに加勢した。
玄関先にいたイヴォとマルガスは、家の裏手へ逃げ走った。

銃撃戦が終わった。
ニカとマルガスが死んだ。即死だった。
イヴォとアハメドは、2人を埋葬した。
ニカは、丘の上に埋葬された。そこは、イヴォの息子の墓の傍であった。
息子は、この戦争(アブハジア紛争)の初期に、アブハジア軍兵士として戦死したのだ。イヴォは、アハメドにそう呟いた。
★   ★
息子はジョージア軍兵士に殺され、ニカはアブハジア軍兵士によって殺された。ふたりは、同じくらいの歳だったのかもしれない。
マルガスは、故郷エストニアへ帰ることを楽しみにしていた。傭兵アハメドは故郷チェチェンへ帰ると言った。
イヴォは、この地を離れないのだろう。

予告編です
予告編 決め
https://www.youtube.com/watch?v=aR92lg86Rmo


アブハジア 及び アブハジア紛争とは‥
(こちらから⇒)Wikipedia/アブハジア

ジョージアの国内地図(アブハジア及びチェチェンの位置)
unnamed.gif
http://hideyukit.blogspot.com/2014/03/blog-post.htmlより(2014年時点)


オリジナルタイトル:Mandariinid
監督・脚本:ザザ・ウルシャゼ|エストニア、ジョージア|2013年|87分|
撮影:レイン・コトヴ
出演:イヴォ(レムビト・ウルフサク)|マルガス(エルモ・ニュカネン)|アハメド(ギオルギ・ナカシゼ)|ニカ(ミヘイル・メスヒ)|ユハン(ライヴォ・トラス)|ほか

本作に関連するジョージア映画
写真
みかんの丘
写真
とうもろこしの島


ジョージア(旧国名グルジア)の映画です。
これまでに掲載したジョージア/グルジアの映画です。画像をタッチしてお進みください。
なお「花咲くころ」の記事は、当ブログ内のリンク先ページの、上から5作品目にあります。
また「歌うつぐみがおりました」は、オタール・イオセリアーニ監督36歳の時の作品です。
写真
2017
マイ・ハッピー・ファミリー
写真
2013
花咲くころ
写真
2002
やさしい嘘
写真
1986
ロビンソナーダ
写真
1984
懺悔
写真
1980
ソポトへの旅
写真
1970
歌うつぐみがおりました
写真
1969
ピロスマニ


【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか