映画「マリッジ・ストーリー」 監督:ノア・バームバック

上

タイトルは「マリッジ・ストーリー」ですが、離婚の話。
男女で見方が違ってくるストーリーかな。
観客はそれぞれの経験から、いろいろ思うわけだが、そう思う時点で本作はエンターテインメントになる。(つまり監督の術中にはまる)
くわえて監督は、アメリカの離婚訴訟の不条理な実態を描きます。

主人公は、夫のチャーリー(アダム・ドライバー)と、妻のニコール(スカーレット・ヨハンソン)。
チャーリーは、ニューヨークで、オフ・オフ・ブロードウェイの劇団を率いている先鋭の若手演出家で脚本家。劇団運営にも心を配るし、団員達への気配りもできる男。
ニコールとの関係が、だいぶ悪化した頃、劇団はブロードウェイに進出でき、さらにはチャーリーは名誉ある天才助成金を獲得した。
そんなチャーリーだが日常は、子煩悩で家事はニコールより上手、そしてもちろんニコールに優しい夫。

ニコール(スカーレット・ヨハンソン)は、ロサンゼルスで育った人。
10代で女優デビュー、ロスの俗っぽいテレビドラマに出演していたが、ニューヨークでチャーリーの芝居を観たのがきっかけで、劇団に入団、主役を演じ、これでそれまで無名だった劇団が注目を集め始めた。

しかし、今まで以上に芝居に傾注していくチャーリーと、それに従い、自分が無視されていくと感じるニコールとの間に亀裂が始まる。
とりわけ芝居に関して、チャーリーのハイレベルな感性や創造力に対し、ニコールは劣等感を感じ続けた。
ニコールは自分を自信を取り戻したい。そんな時、ロスからテレビ出演の誘いがあった。自分の出発点であるロスで再出発を願うニコールは息子を連れロスへ引っ越した。

とは言え、長年連れ添った夫婦。息子に会いにロスへ出向いたチャーリーの、髪が伸びてると思えば、ニコールは散髪してあげるし、アラ靴ひもがほどけてると、つい言ってしまう。また、チャーリーはチャーリーで、家族のためにキッチンに立つのです。
中1

そんなだから、ふたりは、穏やかに協議離婚しようとした。しかし、ニコールの知り合いが弁護士を紹介したことでニコールは、その弁護士を立ててしまう。
それを受けてチャーリーは、ニコールの母親の紹介で弁護士を立てる。(陽気な母親は婿のチャーリーが大好き)

中2しかし、ニコールの弁護士ノラ(ローラ・ダーン)は辣腕で有名。チャーリー側は押されまくる。
そこでチャーリーはニューヨークの有名弁護士を立て裁判が進行する。
ニコール、チャーリーが、それぞれの弁護士に言ったことが、法廷では、それぞれの弁護士の口から針小棒大となって、論争の鋭利な武器と化していく。
この状況はもう、ニコール、チャーリーの手を離れ、ベテラン弁護士同士の、勝訴実績の奪い合いの様相。

そこでニコール、チャーリーは裁判の進行をよそに、二人だけで協議離婚について穏やかに話し合うことにしたが‥。
あとは観てもお楽しみ。~下記の予告編をどうぞ~
中3

天才助成金 (MacArthur Fellows Program、またはGenius Grant)
マッカーサー基金からの賞金。分野を問わず「人並み外れた独創性、創造性探究への献身、顕著な自己実現能力」を発揮する20~30人に毎年贈られる奨学金制度。過去の業績への褒賞ではなく、将来への投資として行われる。‥‥Wikipediaより
2019年の賞金額は62万5000ドル。

予告編です
予告編 決め
https://www.youtube.com/watch?v=BHi-a1n8t7M


オリジナルタイトル:MARRIAGE STORY
監督・脚本:ノア・バームバック|アメリカ|2019年|136分|
撮影:ロビー・ライアン|音楽:ランディ・ニューマン
出演:ニコール(スカーレット・ヨハンソン)|チャーリー(アダム・ドライバー)|ニコールの弁護士・ノラ(ローラ・ダーン)|チャーリーの最初の弁護士・バート(アラン・アルダ)|ニューヨークの有名弁護士・ジェイ(レイ・リオッタ)|一人息子ヘンリー8歳(アジー・ロバートソン)|


ノア・バームバック監督の映画
写真
フランシス・ハ
写真
マーゴット・ウェディング
写真
マリッジ・ストーリー


【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか