映画「幻土」 シンガポール映画 監督:ヨー・シュウホァ

105974181_253761072588142_791425326737201385_n -3 (2)

シンガポールの映画です。

シンガポール共和国の国土は、一貫して埋立てによって拡大してきたことが、この映画のバックグラウンドにあります。(面積は東京23区ほど)
そして今も、海岸は埋め立て続けられていて、その埋め立ては砂でなされているそうです。
さらにはその砂の半分以上がマレーシアからで、インドネシアやベトナムなどからも輸入されます。膨大な量です。
シンガポールの世界有数の港湾や空港や、そして今後も建つであろう、シンガポールの繁栄を示す超高層ビル群は、海岸埋立てなくしてはあり得ないのです。人工的な地盤 ‥「幻土」

さて、登場人物について。
この埋め立て用の砂の集積所で働いているのが、中国人のワンとバングラデシュ人のアシッド。
そうです、ここで働くこれら安賃金の肉体労働者たちは、みな中国やバングラデシュから単身で来ている人々です。この国の繁栄は底辺の彼らが担っている。
この事実、シンガポールが抱える光と影、つまりはドキュメンタリー映画になりえる実態を、この映画ではあくまで物語の背景としています。
その物語とは‥

unnamed_20200731135810b8e.jpg
バングラデシュ人出稼ぎ労働者たちの夜。シンガポールにバングラデシュの村があるようだ。‥「幻土」
中国人のワンがいる。

18_01_Land_Imagined_14_355 -2 (2)
中国人のワンが砂の集積所から、突然失踪します。
こんな事はよくあるのかもしれない。この失踪を担当することになった刑事の二人には、事件と言うほどの緊張感はまったく無い。
だが、そのひとり、ロク刑事は、ある夜、不思議な夢を見た。
ロク刑事自身が、なぜかワンとなって夢の中の世界を彷徨っていた。
その時から、ロク刑事はワンという男に興味を持ち始め捜査を始める。

ここは、ワンがよく通っていた、出稼ぎ者宿舎近くのネットカフェ。
彼は不眠症だったらしく、深夜、店のパソコンでゲームに没頭していたらしい。
中1


中1
そのネットカフェには、ひとりの女が店番をしている。
この女はワンに声をかけ、いつしか、ふたりは深夜の砂浜へドライブ。
女はワンに言う。「旅行へ行かなくとも、シンガポールには、マレーシアやインドネシアやベトナムの海岸がある」‥「幻土」
U020c49552a444c8abc24e1508f2529far.jpg

また、ワンはネットカフェで、ネット越しの世界を垣間見るようになる。‥「幻土」
中2

この映画は、まるでエッシャーの「だまし絵」のように、現実と夢の間を行き来する物語です。
そして、常時、映画は「幻土」を連想させます。

予告編 決め
https://www.youtube.com/watch?v=qDDuG_5fQyk



オリジナルタイトル:A Land Imagined
監督:ヨー・シュウホァ(楊修華)|シンガポール・フランス・オランダ合作|2018年|95分|
撮影:浦田秀穂
出演:砂の集積所の現場で働く中国人のワン(リュウ・シャオイー)|同じくバングラデシュ人のアシッド(イシュティアク・ジコ)|ロク刑事(ピーター・ユウ)|ネットカフェの女性(ルナ・クォク)|ほか

【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか