映画「サンダーボルト」(1974)  主演:クリント・イーストウッド 監督:マイケル・チミノ

上800 (2)
荒野の一本道、通りがかりの車を待つ、ライトフットとサンダーボルト(クリント・イーストウッド)


コミカルさを下地にしながらも、世間をはみ出した男たちの乾いた悲哀をそれとなく描きます。

かつて、サンダーボルト(クリント・イーストウッド)は、レッド、エディほかと銀行強盗に成功した。
そしてその直後、皆は警察の追跡を逃れ、散り散りに。
その間、奪った50万ドルは、サンダーボルトが田舎の小さな学校の黒板裏に隠しておいたのです。

当時、警察は彼らを逮捕できず、またマスコミはサンダーボルトが強奪金を持ち逃げしたと伝えていた。
この報道をまともに信じたレッドとエディは、サンダーボルトの行方を追って、今に至る。
200.jpg映画は、牧師となって身を隠しているサンダーボルトの小さな教会に、レッドとエディがやって来るところから始まります。

その日は日曜日なんでしょうか、銃を持って教会に乗り込んできたレッドに驚いたサンダーボルトは、お説教を投げ出し、一目散に草原を駆けていきますが、太っちょレッドは追いつけない。
そしてこの時、出会ったのが、通りかかったライトフット(ジェフ・ブリッジス)。サンダーボルトとは15歳くらいは若い風来坊の男。
中1

サンダーボルトは、助けてもらった、こいつを連れて、金を隠した学校へ向かったのですが、なんと、学校が新築されてされていて、旧の校舎が無い!金は消えた!
かたや、レッド、エディが執拗に二人を追いかける。カーチェイス、銃撃戦。
だが、サンダーボルトとレッドは朝鮮戦争の戦友同士。だからレッドは初めっからサンダーボルを殺す気はない。
結果、サンダーボルトとレッド、レッドにエディの4人組が出来上がる。

そんなある時、ライトフットがフラッと言った一言、「もう一回、同じ銀行を狙ったら」 これに皆が賛同した。
ですが、強盗も元手がいる。皆、カラッケツ。
Thunderbolt-and-Lightfoot-1974-George-Kennedy-Clint-Eastwood-Geoffrey-Lewis-Jeff-Bridges-pic-6 (3)


中2で、皆、真面目に働き始める。
これが可笑しい。鉄工所、大型洋品店の床掃除、アイスクリームの移動販売車。ようやく貯めた金で買うは、前と同じ金庫破りの手法で使う、道具立て(それは観てのお楽しみ)。

さて実行の日だ。同じ銀行で、前に一度やったことをもう一度やるわけですから、自信なわけですが‥(それは観てのお楽しみ)
そしてその後、曲がりなりにも牧師をしていたサンダーボルトに神の祝福か‥、とにかく、彼は信じられない光景を見ることになるのでした(それは観てのお楽しみ)
予告編です!
予告編 決め
https://trailers.moviecampaign.com/detail/8450
(ただし、これ、画質が悪い)

thunderboltandlightfoot23.jpg

原題:Thunderbolt and Lightfoot
監督・脚本:マイケル・チミノ|アメリカ|1974年|115分|
撮影:フランク・スタンリー|
出演:サンダーボルト(クリント・イーストウッド)|ライトフット(ジェフ・ブリッジス)|レッド・リアリー(ジョージ・ケネディ)|エディ・グーディ(ジェフリー・ルイス)|メロディ(キャサリン・バック)|カーリー(ゲイリー・ビジー)|ほか

こちらでは、1970年代のアメリカ映画をまとめています。
バナー


【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか