殺人を犯した女は‥‥の映画  吉永小百合の「天国の駅」、藤山直美の「顔」


天国の駅 主演:吉永小百合チラシL

 犯罪者は、キマジメなんです。特に、その、犯罪を犯すに至る前は。
 若松孝二監督の「キャタピラー」は、戦争から戻った夫の顔は無残に焼けただれ四肢を失っていた設定(観てません) 「天国の駅」では戦争から戻った夫は下半身不随で不能。 ドラマは、犯罪は、ここから始まる。(実話をヒントにしてるそうだ) 
 妻の林葉かよ(吉永小百合)は結城紬を織って家計を支える。(糸偏の仕事)
 この家庭はドメスティックバイオレンス(DV)の毎日。耐えかねた妻は、その気がある警察官(三浦友和)にそそのかされて夫を毒殺し、箱根に逃げる。箱根でみやげ店を開き、旅館の亭主(津川雅彦)がパトロンに。これを刺して死に至らせる。この間ずーっと、警察は執拗に女を追っていて、箱根で逮捕。
 東京小菅刑務所での絞首刑シーンがラスト。ビョークの「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(←良いですよ!)を思い出す。

 話の舞台は箱根なんですが、ロケ地のひとつが 「群馬県・四万温泉の旅館 積善館」 
 重要なシーンは、ここで撮影されている。
 ロケ現場であり、お薦め旅館の 「積善館」の詳しい情報は、こちらからどうぞ!
 吉永小百合の入浴シーンがあります。


監督:出目昌伸|1984年|133分!
出演:吉永小百合(林葉かよ)|三浦友和(橋本浩一)|真行寺君枝(幸子)|西田敏行(田川一雄)|津川雅彦(福見康治)|丹波哲郎(五十沢刑事)|中村嘉葎雄(林葉栄三)|荒木経惟(カメラマン) ほか
鉄橋imgres   津川s   ゆきなかs  電車正面s


  主演:藤山直美tirasi123.jpg

 犯罪者は、キマジメなんです。特に、その、犯罪を犯すに至る前は。
 母親、本人(藤山直美)、妹(牧瀬里穂)の三人家族。母親ひとりでクリーニング店を、本人はその2階で洋服の破れ、かけつぎ、寸法直しなどの修理を営む。(糸偏の仕事)
 日ごろから、無口で閉じこもる姉を、外交的で美人の妹はさげすんでいる。
 母親の葬儀その日に2人の感情はぶつかり合い、姉は妹を殺してしまう。マスコミは事件の犯人(姉)の顔写真を掲載し、警察は行方を追う。西日本を転々とすることになる姉。ラブホテル従業員、スナックのホステスなどして、姉は自己を開放していく。同時にそういう自分に驚きながら。
 最後に、瀬戸内海の小さな島にたどり着く。そしてラストは、おちゃめなシーンで切り上げる。
 暗い感じの映画じゃないです。


監督:阪本順治|2000年|123分!
出演:藤山直美(吉村正子)|佐藤浩市(池田彰)|豊川悦司(中上洋行)|大楠道代(中上律子)|國村隼(狩山健太)|牧瀬里穂(吉村由香里)|渡辺美佐子(吉村常子)|十八代目中村勘三郎(山本俊郎)|岸部一徳(花田英一)|内田春菊(喫茶店の女)|早乙女愛(狩山咲子)

スナック2
上向きaaa
屋上omi




どちらの映画も、殺意に至る女の気迫表現が希薄です。
殺すんじゃなくて、突然、死んじゃうって感じです。映画を重くしないためなんでしょう。



<吉永小百合が出演の映画>
画像をタッチしてお進みください。

写真
1960
ガラスの中の少女
写真
1962
ひとりぼっちの二人だが
写真
1964
風と樹と空と
写真
1965
明日は咲こう花咲こう
写真
1966
愛と死の記録
写真
1984
天国の駅


大阪を舞台にした映画をここに集めました。
大阪
(兵庫・和歌山・奈良も含めました)


阪本順治 監督の映画
写真
どついたるねん
写真
ビリケン
写真
一度も撃ってません
写真
写真
愚か者 傷だらけの天使
写真
大鹿村騒動記


出目昌伸 監督の映画
写真
誰のために愛するか
写真
天国の駅


【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply