映画 「洲崎パラダイス 赤信号」 監督:川島雄三

川べり2人ise









 ふたりは運命の糸で結ばれている。
 この洲崎パラダイス周辺の街の、あちこちにその糸はひっかかり、もつれるが、結局のところ戻れるところはお互い相手の胸しかない。 世間に背を向けて歩くアウトローなふたりは、そのことを知っている。運命の糸。

 話は結構ドライなんでいま観て古臭くない。
 新珠三千代のおきゃんさがいい。
 着物姿がとてもきれいで、きりっとした様はさらりとした色気があって素晴らしい。
 「女優」という存在がありえたからこそ、なりたつ映画。
 もう二度と成立しない。
 

ゲート前ふたりfb357 監督:川島雄三|1956年|日活|原作:芝木好子|

 出演:新珠三千代(蔦枝)|三橋達也(義治)|轟夕起子(お徳)|植村謙二郎(伝七)|平沼徹(和男)|松本薫(良男)|芦川いづみ(玉子)|牧真介(信夫)|津田朝子(初江)|河津清三郎(落合)|加藤義朗(落合の店員)|冬木京三(そば屋の主人)|小沢昭一(三吉)|田中筆子(廓の四十女)|山田禅一(大工風の男)|菊野明子(女)|桂典子(女中志願の女)|加藤温子(バスの車掌)|隅田恵子(伝七の女)
ポスタダイス


egaooo.jpg   のれんを背にs



こちらで川島雄三 監督の特集をしています。タップしてお進みください。

バナー

【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真

海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・国別ソート・リストは、こちらから

日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督ソート・リストは、こちらから
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply