映画「サイコキネシス 念力」 監督:ヨン・サンホ

上

その日、飛来した隕石は、神の意思だったのだろうか。
神はソッコンという男を選んで、飛びぬけた力を与え、奇跡を起こさせたのでした。
なぜ神と言うのか、それは国も警察も、弱者を救わず暴力と圧政をし、もはや神以外に救ってくれるものが無かったからでした。

国家権力が自らを万能と過信するがゆえに、国と建設会社が手をつないでソウル市内の再開発地域で強引に引き起こした、シン一家とその町内庶民の悲劇と解決を SF アクション コメディ映画 として描いています。

本作は李明博(イ・ミョンバク)大統領時代(2008–2013)の2009年に起きた龍山惨事(事件)をベースに、架空の物語に仕立てています。よって史実を知らなくても、十分楽しめるエンターテインメント作品に仕上がっています。(ただし龍山惨事については未だに十分に糾明されてないようだ)
中1

中2ルミ(シム・ウンギョン)は、母が作り上げた激辛の鳥の唐揚げ屋で働いている。
店は評判の味で大繁盛。周囲の店のあるじ達とも長くいい関係であった。
ところが、この界隈が再開発の対象地域となり、テサン建設が繰る暴力団の地上げ屋に追い立てられ、営業を続けるのはこの店だけとなっていた。
町内の店のあるじ達は一致団結し、地上げ屋と建設会社に対し反対運動を続けていた。そしてついに唐揚げ屋が襲撃される。
この時、不幸にもルミの母親が暴力団によって死亡してしまう。

さて、そのことを知ったルミの父親ソッコンが、妻の葬式に現れた。
ソッコンは、ルミが幼い頃、家を出て消息不明であった。ルミは父を無視する、父の過去を許すことはできない。
中3しかしその父が、この地域一帯の悲劇を知るとことになり、地域の人々と協力しようとし始めるのです。俺には念力があると言って‥。
中4

写真
テサン建設ミン社長は暴力
団を率い、時に警察をも味
方につけ地域の人々をねじ
伏せようとします
写真
一方、ホン常務(チョン・
ユミ)はミン社長以上に頭
が回り暴力的でソッコンを
懐柔しようとしますが‥
写真
ソッコンの超能力を動画撮
影中の手下は驚愕する。

写真
町内側に雇われたキム弁護
士は熱心に店主たちの声を
汲み取ります。また、ルミ
に恋心を抱いています

ソッコンの念力で、宙に浮く暴力団のボス。
中6

暴力団では事が運ばずと、警察機動隊や重機までもが出動し、バリケードを築く町内に攻め入ります。
中7

ことは重大さを増しニュース報道されネットでも公開されます。
さて、どうなるかは観てのお楽しみ。ハッピーエンドです。
予告編です
予告編 決め
https://www.youtube.com/watch?v=ZdGdh5MxGmY


別バージンの予告編です
予告編 決め
https://www.youtube.com/watch?v=UyRw77EjWZg

留置所で事件を知ったその時、ソッコンは覚醒した。
中10

檻を破壊し、空を飛び‥
中8

ビル屋上から宙づりのコンテナから落下しそうなルミを、間一髪、父は助けた。
中9


原題:염력(Psychokinesis)
監督・脚本:ヨン・サンホ|韓国|2018年|101分|
撮影:ピョン・ボンソン
出演:シン・ソッコン(リュ・スンリョン)|シン・ルミ(シム・ウンギョン)|テサン建設ミン社長(キム・ミンジェ)|ルミの母(キム・ヨンソン)|テサン建設ホン常務(チョン・ユミ)|キム弁護士(パク・ジョンミン)|ほか多数

そして、ルミとキム弁護士は結ばれる。
中11

ちなみに、空を飛ぶ能力に初めて目覚めた男が、巧く飛べずにビルなどに衝突しながら飛行する映画に「スーパーロペス」(2018)というスペインのコメディ映画がありました。

ヨン・サンホ監督の映画
写真
サイコキネシス 念力
写真
ソウル・ステーション
 /パンデミック


【 一夜一話の歩き方 】
下記、タップしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか