映画「ルディ・レイ・ムーア」 監督:クレイグ・ブリュワー

上

1970年代のロサンゼルスの話。当時の雰囲気やブラックミュージックを楽しめます。
黒人客だけに受けるを目的に作られた、下品を売りにしたアクション娯楽映画「ドールマイト」を製作主演し、有名になった黒人コメディアンを描く、2段式ロケットのサクセス・ストーリー。
実話をもとにしています。実在のコメディアン、ルディ・レイ・ムーア(1937-2008)を演じるのは、彼を尊敬するエディ・マーフィ。

中1中年になるルディは、ソウルミュージックのレコードをたくさん並べた(主に黒人客を相手にした)レコードショップで店員をしながら、ソウルミュージックのライブハウス(主に黒人客を相手にしたクラブ)で司会をして細々と生活している。(ソウル全盛の時代!)
以前は、ソウル歌手を目指し、自分でレコードも作ったが売れなかった男。
しかしルディは、芸能界で一旗揚げたい夢を諦められない。

成功への手がかり(1)
街に、アホなエグい話を、独特の口調とリズムで(頼まれもしないのに)語って聞かせるホームレスの男がいた。誰も相手にしないこの男の語りにピンときたのがルディであった。
中1さっそくルディは、この語りを真似て、ライブハウスの司会の合間に、スタンダップコメディ(漫談、即興話芸)として試してみると、黒人客の老若男女に大いに受けた。
そのうちルディは、この漫談ライブを自主製作レコードにしたところ、ライブハウス客周辺で、思いもかけずヒットする。
気を良くしたルディは、これをソウル専門のローカルなレコード会社(白人の会社)に持ち込むが、こんなエロい内容はダメと当初拒否されたが、ついに販売、売り上げが伸び、ルディは人気者になる。なるが、やはり所詮、ロサンゼルスの黒人コミュニティに受けたにとどまった。やがて、人気度は下がって行った。

成功への手がかり(2)
そんなある日、映画を観ていたルディはハッと気づいた。
観客は白人だらけだし出演者も白人だ、黒人向けの娯楽映画を作りたい。黒人の黒人による黒人のための娯楽映画。(1970年代当時、そんな映画はまだ無かったのです)
しかしルディは映画についてはズブの素人、周りにも人材はいない。そこで‥
脚本は、黒人の人権を主張する映画を撮る黒人の脚本家にアプローチし(ルディから見ればスクエアな人に)何とか、下品を売りにしたアクション娯楽映画の本を書かせた。撮影スタッフや機材は脚本家のいる大学の映画専攻の白人学生たちだ。
監督は、全国公開のメジャーな映画で脇役していた黒人俳優を「監督ならやってみる?」という甘言につられた男。
撮影場所は、かつてダンバーホテルといったホテルの廃屋。ルディはすでに借金まみれ。
中4

多くの仲間の協力で、なんとかクランクアップしたが、この自主製作映画を配給してくれる会社は無かった。落胆のなか、そこへ良い話が舞い込んだ。映画館の館主が自主上映してくれる。(映画館使用料はルディ持ち)
またしても、これが大入り。
中3そして配給を拒否した一社から作品買い取りの話が来た。
全国公開は大成功だった。(ただし黒人向けの映画館)
このあと、ルディはたくさんの映画を製作主演します。もちろん借金は完済しても、お金は余り溢れるのでした。

みどころは、エディ・マーフィがいつもとは一味違う、真摯な演技。
次に、映画冒頭、のっけから始まって、ソウルファンクの音楽がたくさん挿入されていて、ソウルファンには嬉しい限り。またブルースR&Bの歌手Bobby Rushも登場し歌います。
ちなみに、ルディの語りは、ラップの元祖と言われているようです。
予告編です。
予告編 決め
https://www.youtube.com/watch?v=Ws1YIKsuTjQ


ダンバーホテル
ダンバー・ホテルは、1920年代終わりに建てられ、1930-40年にはデューク・エリントンなど黒人のジャズミュージシャンが出演するジャズの殿堂でした。
ご参考:シネモア「リスペクトするコメディアン『ルディ・レイ・ムーア』を演じたエディ・マーフィの集大成!」(下記、外部リンク)
https://cinemore.jp/jp/erudition/1033/article_1034_p1.html

ちなみに、この映画に流れるソウルファンクミュージック、聴いてください!
顔ぶれは、Marvin Gaye、Sly and the Family Stone、Bobby Rush、Booker T. & the M.G.s、Kool & The GangなどなどGood!です。
サウンドトラックその1
https://www.youtube.com/watch?v=LOuaJFy52sc
サウンドトラックその2‥‥エディ・マーフィも歌ってます。
https://www.youtube.com/watch?v=L639Gw5ViN0
サウンドトラックその3
https://www.youtube.com/watch?v=7qMdS7Lhfmg
詳しいリストは以下。
https://www.imdb.com/title/tt8526872/soundtrack


原題:Dolemite Is My Name
監督:クレイグ・ブリュワー|アメリカ|2019年|118分|
脚本:スコット・アレクサンダー、ラリー・カラゼウスキー|撮影:エリック・スティールバーグ|
出演:ルディ・レイ・ムーア(エディ・マーフィ)|ダーヴィル・マーティン(ウェズリー・スナイプス)|レディ・リード(ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ)|ジミー・リンチ(マイク・エップス)|ジェリー・ジョーンズ(キーガン=マイケル・キー)|ほか多数
下
自主上映した映画館。映画「ハーダーゼイカム」上映中の看板がみえる。そんな時代でした。

一夜一話で記事にしたブラックムービーです。
写真
スウィート・スウィート
      バック
(1971)
写真
黒いジャガー(1971)
写真
スーパーフライ(1972)
写真
ハーダー・ゼイ・カム
(1972)
写真
カー・ウォッシュ(1976)


【 一夜一話の歩き方 】
下記、タップしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか