映画「朝が来る」(2020) 主演:永作博美 監督:河瀬直美

上

赤ちゃんの養子縁組を接点に、「縁」の二面性を語る物語です。
不妊治療の末に、養子縁組の会を通じて赤ちゃんを授かった夫婦のそれまでと、それから6年後の話、そして、中学生14歳の実母が出産に至ったそれまでと、その後の6年間の苦難を描きます。
中1

都内の湾岸の、タワーマンションに住む、ちょっといい暮らしの共稼ぎ夫婦、栗原清和(井浦新)と妻の佐都子(永作博美)
結婚後、時が経つにつれ佐都子は子供が欲しくなる。清和は佐都子が欲しいならそうしようと言う。
しかし清和に不妊の原因があることが分かり、北海道にある、名のある病院まで出向いて定期的に治療を受けるが、見通しが立たない。
そんなある日、養子縁組の会「ベビーバトン」を取材したテレビ番組を偶然に見た夫婦は決心した。

中学に通う普通の女の子、片倉ひかり(蒔田彩珠)当時14歳は好きな彼氏と一度きりの関係を持ってしまう。そして妊娠。
その後、同じく中学生の彼はただ謝るばかり。ひかりの父母は娘を責めた。落ち込む彼女に居場所が無くなった。
中5そうして瀬戸内海に浮かぶ静かな小島に建つ「ベビーバトン」へ、一人向かった。14歳の少女の安らぐだろう居場所であり、出産準備の施設。
このベビーバトンの設立者、浅見静恵(浅田美代子)はひかりの様な女の子を温かく迎え入れていた。
海を臨む穏やかな風土のここは居場所を無くした若い妊婦が共同生活する宿泊所。
中2

一方、浅見静恵は養子縁組を希望する人々を対象に都市部で会を開き活動をしている。
中3

そうして、夫婦はここで、ひかりと養子縁組の契約を結ぶこととなった。
中4

夫婦は、赤ちゃんを栗原朝斗と名付け、幸せに育てます。
ところが、それから6年経ったある日、ヤンキーっぽい女が夫婦を訪ねてきます。
さあ、ここから先はは観てのお楽しみ。
予告編です
予告編 決め
http://asagakuru-movie.jp/
中6


★          ★

中7総じて、栗原佐都子を演ずる永作博美が映画を牽引し、話の表現を豊かにし、夫役の井浦新がこれに付き添います。

中8これに比べ、実母の話は薄っぺらい印象を拭えないのが残念。
中学生の片倉ひかりの青春の愛と家族のあり方が、ステレオタイプな描き方で興ざめする。
ただし「ベビーバトン」にいる若い妊婦や、ベビーバトン後にひかりが新聞配達で知り合ったヤンキーな女の各シーンでは、その役柄をいきいきと巧みに表現できていて、好感が持てます。
そして、ベビーバトンの設立者、浅見静恵を演じる浅田美代子が、養子縁組の双方の話に安らぎを与えています。

監督:河瀬直美|2020年|139分|
原作:辻村深月|脚本:河瀬直美、高橋泉|撮影:月永雄太、榊原直記、河瀨直美|
出演:栗原佐都子(永作博美)|栗原清和(井浦新)|片倉ひかり(蒔田彩珠)|浅見静恵(浅田美代子)|栗原朝斗(佐藤令旺)|麻生巧(田中偉登)|片倉貴子(中島ひろ子)|片倉勝(平原テツ)|片倉美咲(駒井蓮)|ほか

永作博美が出演の映画をこちらでまとめていますタップしてお進みください。
0_20210605113658ab4.png

「朝が来る」を観て思い出す映画それぞれタップして紹介ページへお進みください。
1_20210529072647deb.jpg◆栗原家の息子朝斗が(子供の遊びの中で)ジャングルジムから相手の男の子を突き落としケガさせたと、その母親から佐都子は鋭く訴えられるエピソードがあります。
母、佐都子も朝斗も、それぞれ大変に悩みます。
「ボクと空と麦畑」(左)では池の端で戯れて相手の子が池に落ち水死する話ですが、突き落としてない、突き落としたかもしれないと少年は心中おおいに悩みます。
2_20210529072648638.png◆「目元が似てる君へ」(右)は、アフリカ系フランス人夫婦が、フランスの養子縁組制度に則って、長らく待たされ、やっと紹介された赤ちゃんが白人だったというお話です。
「朝が来る」でもそうですが、養子縁組では授かる夫婦は子供を選べません。


【 一夜一話の歩き方 】
下記、タップしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか