映画「ホモ・サピエンスの涙」(2019) 監督:ロイ・アンダーソン

上

世界で唯一、映像表現だけで物語を語れる監督と言っていいかもしれない、ロイ・アンダーソン監督。ファンです。

彼の作品は、台詞(ことば)で物語を語ろうとしない。
映し出される映像そのものの雰囲気が、我々に妙な感覚を、それはまるで静かな湖底の透明感のようなものを与え始めるのです。これは脳の覚醒感だ。
話が悲劇的であってもファンタスティックで、ほのかにコミカル。なぜだか気持ちよい。
映画にある33のシーンどれもが素晴らしい、虚構の達人。魔術師と言っていい。
この雰囲気を、予告編で味わって虜になってください。とても静かな映画です。
予告編 Official Trailerです。
予告編 決め
https://www.youtube.com/watch?v=FP4G2pRwT_o

こちらは日本版予告編
作品には無いナレーションが雰囲気を壊しているのが残念です。
予告編 決め
https://www.bitters.co.jp/homosapi/

ああ、もうこれ以上、言えることはありません。お楽しみください。

中1

中2

中4

中3



原題:About Endlessness
監督・脚本:ロイ・アンダーソン|スウェーデン・ドイツ・ノルウェー|2019年|76分|
撮影:ゲルゲイ・パロス
出演:牧師(マッティン・サーネル)|空に浮かぶ男女(タティアーナ・デローナイ)&(アンデシュ・ヘルストルム)|知人に無視される階段上に立つ男(ヤーン・エイェ・ファルリング)|精神科の医師(ベングト・バルギウス)|不機嫌な歯科医(トーレ・フリーゲル)|ほか多数

こちらで、ロイ・アンダーソン監督の他の作品を紹介しています。タップしてお進みください。

ロイ バナー

【 一夜一話の歩き方 】
下記、タップしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか