映画「アリスの恋」 監督:マーティン・スコセッシ

上

いい映画です。
30歳半ばのアリスの心情、取り巻く人々の様子を、一見あっさりと描く映画ですが、アリスを演じるエレン・バースティンのさわやかな演技が、実は力強く映画を牽引しています。
そして、アリスの息子(アリスが言うに変な息子)を演じる子役が、これまた良くて、ところどころで母親アリスの言動に、オフビートな突っ込みを入れて、見方によっては、うらがなしい母子の物語を明るくしています。

話はアメリカ南西部ニューメキシコ州の地方都市から始まります。
アリスは、DV(配偶者暴力)気味の夫と、一人息子の世話に明け暮れる主婦。
生活は中流の下のほう。それでもアリスは小さな幸せ感を抱いて生きてきたが、突然の夫の死、交通事故死。
落ち込むアリスを支えてくれる近所の友人もいるが、当時のセーフティネットはどうなのか‥。貯金は葬儀代で消え、とにかくお金がない。
しかし、アリスは向う見ずにも、生まれ故郷、遥か西海岸カリフォルニア州の街、モントレー(モンタレー)へと向かうことにした。
中1

なぜなら、結婚前、アリスは故郷のモントレーのナイトクラブでジャズを歌っていたのだ。これで稼ぐぞ!という勢い。
とは言え、無一文。だからモントレーへの途中の街々で、食費ガソリン代稼ぎに歌える店を探す、が田舎町、そういう店がそうそうあるわけじゃない。
やっと雇ってもらえた店で歌うアリス。
中2

アリスは、この店でベン(ハーヴェイ・カイテル)と出会う。
優しく振る舞う男であったが、実は凶暴な性格と分かって、いい稼ぎの仕事を捨て、慌ててこの街から逃げ出した。

中3

今度の街にクラブ歌手の口はなく、渋々、慣れないウェイトレスの職を得る。
チープな食堂だが繁盛店で、ウェイトレスが計3人でも忙しい。
さあ、この店でアリスの話は「アリスの恋」となります。あとは観てのお楽しみ。

予告編の初めで、苛立つアリスが叩くは自宅の窓、次に叫ぶ男はベン(ハーヴェイ・カイテル)で、破るガラスドアはアリス母子が泊まる格安モーテルのドア。そして店先でアリスが悔しがるシーンは、またもや歌手の口が無くて‥
予告編です
予告編 決め
https://www.youtube.com/watch?v=Nf08x-Sk59Y

中4
恋の相手はデヴィッド (クリス・クリストファーソン)
中5
デヴィッドは牧場主。バツイチ。
彼の家で安らぐアリスのお茶目な様子は、
お見逃しなく!
中6
店のトイレにいるウェイトレスのフロとアリス。
口が悪いフロだが、アリスを慰める人生の先輩。
中7


原題:Alice Doesn't Here Anymore
監督:マーティン・スコセッシ|アメリカ|1974年|113分|
脚本:ロバート・ゲッチェル|撮影:ケント・ウェイクフォード|
出演:アリス・ハイアット(エレン・バースティン)|デヴィッド(クリス・クリストファーソン 本職は著名なC&Wのミュージシャン)|アリスの息子トミー(アルフレッド・ルッター)|アリスの夫ドナルド・ハイアット(ビリー・グリーン・ブッシュ)|先輩のウェイトレスのフロ‥Florence(ダイアン・ラッド)|要領の悪いウェイトレスのヴェラ(ヴァレリー・カーティン)|Socorroに住んでいた時の近所の友達ベア(レリア・ゴルドーニ)|夫の死後アリスの最初の彼氏で実は凶暴男ベン(ハーヴェイ・カイテル)|アリスの息子トミーが通うギター教室で知り合ったボーイッシュな女の子オードリー(ジョディ・フォスター)|ほか
中9
モーテルの部屋の玄関口にて。
どう? ステージ衣装を息子にお道化て見せるアリス。

アリスが歌う曲。
古いジャスソングですが、いい曲です!
映画ではアリス(エレン・バースティン)が歌っていますが、下記は曲の紹介youtubeです。
Where or When (1937)
https://www.youtube.com/watch?v=PapY2Mhyq1Y

I've Got a Crush on You (1928)
https://www.dailymotion.com/video/xu7uw8
その他にGone with the Wind (1937)もエレン・バースティンは歌っています。

ちなみに「アリスの恋」の挿入歌には、Elton John、T. Rex、Leon Russell、Mott the Hoopleそしてデヴィッド役のクリス・クリストファーソンも歌います。

こちらでは、1970年代のアメリカ映画をまとめています。
バナー


マーティン・スコセッシ監督の映画

写真
アイリッシュマン
写真
アリスの恋
写真
タクシードライバー
写真
ザ・ローリング・ストーンズ
  シャイン・ア・ライト
写真
 カジノ
写真
ヒューゴの不思議な発明
写真
ウルフ・オブ
  ・ウォールストリート


【 一夜一話の歩き方 】
下記、タップしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか