映画「百日告別」(台湾2015)  監督:トム・リン

上上


命日から数えて100日目に行う法事、百箇日法要は、悲しみに一旦、区切りをつけ、日常に戻ろうと背を押すための節目の法要だそうです。
タイトルの百日告別は、そんな100日が経って、あらためて故人に、そして残された者の悲しみの毎日に、別れを告げること。

その日、高速道路で玉突き衝突が起こり、多数の死者負傷者がでる事故がありました。(話はここから始まる)
シンミン(カリーナ・ラム)は、結婚式直前でした。これから新婚旅行して‥、マンションも購入済みでした。
しかしシンミンと婚約者の2人は、この事故に巻き込まれ、彼が死亡。
ユーウェイ(シー・チンハン)も、妊娠中の妻と高速道を走行中にこの多重事故に会い、彼女を亡くしました。

映画は、これから始まるシンミン、ユーウェイそれぞれの、大切な存在を亡くした深い喪失感の100日間をていねいに描いて行きます。至ってシンプルなテーマの、静かな映画です。

中1


予告編をどうぞ (公式サイト)
予告編 決め
http://www.pan-dora.co.jp/kokubetsu/intro.html


ユーウェイの100日間の主たるエピソードは、ピアノにまつわる話。亡妻は、子供相手のピアノの先生でした。
きれいなピアノの音が映画の中に流れます。
中2


シンミンの100日間のエピソードには、予約していた新婚旅行先の沖縄が出てきます。ひとりで新婚旅行をしたのです。ホテルは当初予約通りのダブル。
かつて、漫画『将太の寿司』に影響を受けた彼氏は将来、二人で店を持ちたかった。それで、二人して沖縄料理の店をミシュランガイド風にランク付けしながら回りたかったのです。これもシンミンひとりで食べ歩き、★の数を付けました。
中3



原題:百日告別 Zinnia Flower
監督:トム・リン|台湾|2015年|96分|
脚本::トム・リン、リウ・ウェイラン|撮影:ユー・ジンピン|
出演:シンミン(カリーナ・ラム 林嘉欣)|ユーウェイ(シー・チンハン 石錦航)|ほか

【 一夜一話の歩き方 】
下記、タップしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか