映画「21グラム」(米2003) 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

上

ごく身近な「人の命」だが、その、はかなさを語る、運命がテーマの物語です。
映画は三つの、はかなさを交差させてサスペンス風味に仕上げています。
・救えたかもしれない命、救わなかった命。
・待っている命、待たれている命。
・亡くなった命、新たな命、受け継がれる命。
そんな命の分水嶺を行く物語。
そして、その命(魂)ひとつの重さが、たった21グラムだという。
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の、奥深い語り口が楽しめます。

救えたかもしれない命、救わなかった命
中2

夫と娘二人を交通事故でいっぺんに亡くし、ひとり取り残された妻のクリスティーナ(ナオミ・ワッツ)は苦しむ毎日。
この事故の加害者は、ジャック(ベニチオ・デル・トロ)。
その瞬間、彼は現場を見ずに逃げ出した。しかし、娘の一人はまだ息があったらしい。
ジャックは、犯罪歴がたくさんある男だが、今は熱心なキリスト教の信者。貧しい生活だが、妻と二人の子供がいる。制止する妻を振り切ってジャックは自首し監獄にいる。
そして出所後、ジャックは家を出てひとり、ロードサイドの格安モーテルで悔い続ける、明日の無い毎日。
中3


待っている命、待たれている命、受け継がれる命
中4

ポール(ショーン・ペン)と、メアリー(シャルロット・ゲンズブール)は、子供がいない夫婦。病院で体外受精の準備を終えている。
そのさなか、メアリーの不妊の原因が、前夫との子供を中絶した際の、不適切な手術のせいと判明。
そんなことを知らなかったポールの心は、再びメアリーから離れ始めた。
しかしメアリーはそれを承知に子供は欲しい。そんななか、メアリーがポールの精子で妊娠した。

さて映画は、こんな夫婦の設定に、余命いくばくもない重い心臓病を患い、新たな心臓を待っている、という運命をポールに与えている。
だが幸運にも、移植の心臓の手配ができたという連絡が深夜、病院から来た。その心臓こそが、クリスティーナの夫のものだった。
クリスティーナは夫の死亡宣告と同時に、病院から心臓提供を説得される。
もちろんポール夫妻にとっては、クリスティーナの一家は見ず知らずの他人である。

亡くなった命、新たな命、受け継がれる命
ポールは、自身の体内に入った他人の心臓が誰のものか知りたがった。
そして探偵を雇い、クリスティーナの所在を突き止めた。
中6

さあ、ここから、クリスティーナと夫の心臓を持つポール、そしてジャックが加わり、話が次へと展開されるのです。
あとは観てのお楽しみ!
中5

と言いたいところ、だけれども‥‥

この映画は、1000ピースのジグソーパズルかもしれない。
ランダムに映し出される、時系列なんかお構いなしの1000のシーンが、入れ代わり立ち代わりに、話はどんどん進む。
だから観客は、幾多のピースを、じっくりと組み上げていく作業が要る。
とはいっても、観ているうちに、霧が少し晴れて来るように、なんとなく話は見えて来る。
そして観客は、この話は一体どういう結末を用意しているんだろうかと、思い巡らせながら、あれこれ考える。
作り手は、この効果が狙いなんだろう。
意識がハッキリしているときに観てください。
予告編 決め
https://www.youtube.com/watch?v=l_fFFZCNLys

原題:21 Grams
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ|アメリカ|2003年|124分|
脚本:ギジェルモ・アリアガ|撮影:ロドリゴ・プリエト、フォルトゥナート・プロコッピオ|
出演:ポール・リヴァース(ショーン・ペン)|その妻メアリー・リヴァース(シャルロット・ゲンズブール)|クリスティーナ・ペック(ナオミ・ワッツ)|その夫マイケル・ペック(ダニー・ヒューストン)|ジャック・ジョーダン(ベニチオ・デル・トロ)|マリアンヌ・ジョーダン(メリッサ・レオ)|ほか

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の映画
写真
バードマン
写真
BIUTIFUL ビューティフル
3_20221225113632468.jpg
バルド、
3_20221225113632468.jpg
21グラム

【 一夜一話の歩き方 】
下記、タップしてお読みください。
写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか