映画「カケラ」 監督:安藤モモ子(桃子)

メイン1 像7あったものが欠けた。
その喪失感。
欠けて行った、あっちがカケラ。こっちは私。カケラと私。

目の前にいる彼では、こころのどこかが満たされない、北川はる。(→)
自分に無いものを、相手が持っていて、満たしてくれる、そんな相手は・・・。
自分に無いもの、元々無いもの、カケラでもないもの、
を求める、はる。
 

メイン2像6
他人の肉体のカケラを作る仕事、坂田リコの職場。(→)
リコは、はるの「欠けた」ものを与えようとする。
リコはそれを精巧に作ろうとするが、
はるにピッタシ接合しない。
そもそも満たされないものに、カタチはない。 


監督:安藤モモ子|2009年|107分|
出演:満島ひかり(北川はる)|中村映里子(坂田リコ)|永岡祐(篠塚了太)|光石研(坂田昭吾)|根岸季衣 (坂田啓子)|志茂田景樹(老婆)|森岡龍(鉄)|春謡漁介(直人)|大堀恵(キサラギ)|尚玄(バーのマスタ)|かたせ梨乃(山城陶子)|津川雅彦(田中正)|

彼とベッド 2人で99659496 アパート前3人像2
歩く11 でふたり33 みどり像9

安藤桃子監督の映画
写真
0.5ミリ
写真
カケラ


【 一夜一話の歩き方 】
下記、タップしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 3

There are no comments yet.

やまなか  

コメントありがとう。モモ子ワールドな小説期待したいですね。
我が家では、介護ヘルパーが、ばあさんの死を発見しました。「症例X」というリアルなドキュメンタリー映画もあるようです。いろいろな角度から映画や小説が挑戦するテーマですね。
自身が難病と闘う大野更紗著「困ってるひと」という、ユーモアあるエッセイをこれから読もうと思ってます。

2011/11/05 (Sat) 07:59

カズお  

安藤モモ子さん、介護経験を小説にしちゃった!

初の長編小説『0.5ミリ』がでましたしね。
一つの事にはこだわらず、偏った生き方を選択しやすい面もあるそうです。
その性格が幸いしてか小説まで手がけてしまったみたいです。
http://www.birthday-energy.co.jp

それにしても「カケラ」もユニーク且つどこか現代的な作品ですね。
見てみたかったな・・・。

2011/11/03 (Thu) 20:44

カヨ  

主演の満島ひかりが出ている映画は『愛のむきだし』です。そちらもぜひ。

2011/05/26 (Thu) 00:17

Leave a reply