映画「戦争のない20日間」 監督:アレクセイ・ゲルマン

前線から020warless3 



  1942年の年末、従軍記者ロパーチンが所属するこの部隊は浜辺を歩いていた。楽しげな会話。明日から休暇がもらえる連中が多い。兵役延長の見返りとして20日の休暇が与えられるのだ。隊は戦闘態勢を解いていた。と、その時ドイツ軍の爆撃機が数機海岸上空に現れ、機銃掃射を受ける。逃げ惑う兵士達。
  敵が去り、安堵の空気が流れ始めた時、中尉が渚に倒れているのに気がついた。不運にも彼だけが戦死した。明日から休暇。第二次世界大戦中、ロシアがナチスドイツとの攻防に明け暮れた頃の話。

着021157  ロパーチンは、ウズベキスタンの都市タシュケント行きの満員列車に乗った。
  着いてまずすることは、妻との離婚届にサインすること。次にすることは、映画の撮影現場を訪れること。彼はかつてスターリングラードでの勝利に貢献し名誉が与えられていた。それで戦場での手記が原作となり、いま映画化されようとしている。これを視察し原作者として指示を与えなくてはならない。そして工場労働者たちを集めての集会で演説。でも、それだけのこと。ロパーチンはそう思っている。

惹かれていく-thumb  ニーナという女性との出会い。列車の中で見かけ、撮影現場で衣装係として働いている。つかの間の、行きずりの愛。お互い癒されていく。戦闘兵士の心はもちろんの事、銃後の街の人の心も、かつての平常心は蒸発しきっている。誰もが皆、明日への思考は止まっていた。
  そんななか、休暇を切り上げ、隊に戻れとの命令を受ける。戦場に戻る不安と鈍い恐怖。一方、心のどこから来るんだろうか、ここを去って戦場に戻れる、不思議な安堵感。
  

列車03  

  ロパーチンは、戦場を目指して、また列車に乗る。
  タシュケント駅構内では、多くの再会と別れ、そして永遠の別れが交錯していた。

  戦地では隊の仲間が首を長くして待っていた。新兵も加わった。ぬかるみの地を徒歩で進み陣営に向かう。
  あの丘の向こうが敵の陣営なんだろう。ヒューッと砲弾が飛び、あたりで炸裂しはじめた。急いで辺りのへこみに身を隠す。前線である、前線なんだ、という気持ちで一杯になっていく。 
  ロパーチンは現実にもどっていく手応えを感じていた。
再び戦場ginal
<同監督の名作「フルスタリョフ、車を!」は、コチラからどうぞ


監督:アレクセイ・ゲルマン|ソ連|1976年|102分|モノクロ|
原作:コンスタンチン・シーモノフ著「ロパーチンの手記より」
英題:TWENTY DAYS WITHOUT WAR
出演:ロパーチン:ユーリー・ニクーリン|ニーナ:リュドミーラ・グルチェンコ|空軍大佐:アレクセイ・ペトレンコ|ルブツォフ:ミハイル・コノノフ|ルブツォワ:工カテリーナ・ワシリエワ

アレクセイ・ゲルマン監督の映画をこちらにまとめています。
バナー2


【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply