2011年 印象に残る映画

ああ、経っちゃいました、1年。
実に困った事、山積みのまま、1年。
何やってたんだかの、1年。
映画館に、思うように行けなかった、1年。
でも、なんとか年末まで、こぎ着けた自分に、ご苦労さん!


2011年公開の映画から
☆☆☆☆☆100,000年後の安全
        すごいドキュメンタリー映画。原発に反対/賛成の人も避けて通れない最終処理。放射性廃棄物の最終処理のために岩盤を地下深く掘って、そこに想像を絶する広大な貯蔵施設作ったしまった。世界中探しても最終処理場として位置づけられる施設はここだけ。他は中間処理場であって実に不安定な貯蔵の仕方なのだ。かの国の遠大で慎重で大胆な哲学、政治、科学に脱帽。                                            
                       
☆☆☆☆ブンミおじさんの森
        日本、韓国、中国、香港、台湾など特化された地域を除いて、「東アジア人であれば肌で判る」アジア映画の素晴らしさを堪能できる。ヨーロッパ人に判ってたまるか。こういう映画が次々と現れて欲しい。

☆☆☆☆☆サウダージ
        いい映画だ。ぜひ観てほしい。日本の現在をこんなに鮮やかに描ける監督、すごい!

☆☆☆☆☆グッド・ハーブ
        地味な映画なんで既に忘れ去られているんだろうな。メキシコの彩り豊かな中、認知症の母を娘が殺してしまう。

☆☆☆☆☆人生、ここにあり!
        都合2年待たされての公開だった。イタリアが基本的に精神病院を廃止し、元患者達は訓練施設に移動させられる。社会復帰を本気で考える主人公が患者達を引っ張って、楽しい成果を上げる。

2011年に観た旧作から (初見)
☆☆☆☆☆フルスタリョフ、車を!
        鑑賞に当たっては首から上だけで観てはならない超・映画。乱暴で実に素晴らしい!

☆☆☆☆☆パーマネント野ばら
        最後の最後で、菅野美穂に裏切られ、え!そうなのっとゾクッと背筋を走る虚しい寒さがいつまでも心に残る。

☆☆☆☆☆てなもんやコネクション
        なにわ物の映画が香港に同類を求めたお笑いアクション映画。好きだなこういう作風、たまらん。

☆☆☆☆☆太陽に恋して
        ストレートで痛快ラブストーリー。この監督の懐の広さが嬉しい。

☆☆☆☆☆バッファロー'66
        この独特の語り口、いいな。いっぺんで惚れてしまった映画。

映画0910

映画館に行って観た新作 (これだけ・・・)
エリックを探して・・・ソウル・キッチン
グッド・ハーブ・・ ・・peace 
人生、ここにあり!・・パレルモ・シューティング
black Bread・・・・・last circus
明りを灯す人・・・・・クリチバ0℃
サウダージ・・・・ ・・ミスターツリー
家族の庭・・・・・ ・・オバアは喜劇の女王
無言歌・・・・  ・・・・石炭、金  
ピンク・スバル

来年も、楽しく行こう映画館。
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply