映画「メリエス’88 」   フランス国営映像研究所制作

150トップ








  実は一番言いたいことは、文末にある。
  が、しかしまずは本作「メリエス’88 」について始めよう。

引っ越し 指揮  ジョルジュ・メリエス(1861年-1938年)の没後50周年を記念して、フランス国営映像研究所が制作し1988年フランスで放映されたテレビ番組作品がこれ。
  司会者がメリエスの業績を、メリエス本人の映画のシーンと、彼のシナリオを元に新たに制作された短編映画を交えながら紹介していく。
  (左4点はすべてメリエス映画のシーン)





千一夜 蝶  残念ながら、その新作短編映画がつまらない。
  メリエス的映像マジックやCGを使うが、1988年当時でも面白くなかっただろう。
  ここで分かることは、マジシャン出身のメリエスの体臭から立ち上がる、胡散臭さや怪しさだ。これが無いと、すっ呆けた映画にしかならない。そうそう、自分が作った芝居の舞台に、観客や役者をかき分けて躍り出る唐十郎に近い、あれだ。あのエネルギー。

  「メリエス’88 」は日本でも放映された。その時、続いてメリエスとは関係ない短編映画が放映された。(「幽霊」「夏山と氷河」ほか。フランス国営映像研究所が委嘱した作品?)
落下2
  その中で「幽霊」が印象深い。
  高い尖塔を持つ大きな教会、街中の広場に面してあるようだ。突然、教会内のマリア像からマリアの霊が抜け出て、その霊がおもむろに尖塔の上空まで上昇していく。この奇跡を見ていた多くの市民は、上空のマリアに手を合わせている。
  その中の一人のおばさんが突如、宙に浮き上昇し始めた。そしてマリアに近づいた途端に、落下! 教会の出口付近の石畳に叩きつけられた。これ、ジャン=ピエール・ジュネ監督の「アメリ」、彼女の母の、突然の死のシーンを連想しませんか?  

フランス国営映像研究所制作
監督:アラン・ナウム|フランス|1988年|
<メリエスのシナリオを元にした短編映画>
監督・脚色:Z・リブズンスキー(満足した名誉/決闘 より)|ズビック|マルク・カロ(100のトリックを持つ男)|ジャン・ピエール・モッキー(小人と巨人の国のガリバー)|ほか
<付録映画>
「幽霊」(監督パスカル・オビエール)|「夏山と氷河」|ほか



「ヒューゴの不思議な発明」 監督:マーティン・スコセッシ ~という映画がある。

  <ターミナル駅(終着駅)>
  パリにあるモンパルナス駅。少年ヒューゴは、この駅の隠れたスペースに住んでいる。
  映画に、列車のブレーキが利かずに暴走し駅舎を突き抜けるシーンがある。 これ 1895年に、実際にこの駅で起きた事故。凄いね! CDジャケットで知ってる人もいるかも。
  <駅の売店>
  あの、ジョルジュ・メリエスは晩年、失意のどん底にいた、らしい。そしてこのモンパルナス駅で、おもちゃと駄菓子の売店をしていた・・・の、映画のシーンがこれ‥‥。
ヒューゴの不思議な発明




【 一夜一話の歩き方 】
下記、タップしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply