映画「新宿泥棒日記 」  監督:大島渚

トップ

  観ておくべき映画かもしれない。
  その後に生まれた人でも、1969年、あの夏の新宿にタイムトリップできる映画。
  あるいは、状況劇場の舞台をのぞき見たい人、どうぞ。

紀伊国屋  新宿三越でお買い物、高野フルーツパーラーでお茶という おば様たちも大勢いたわけだ。
  しかし40数年前の新宿は、真昼間から この映画のようでもあった。
  新宿についてのどんなドキュメンタリー映画よりも、本作品が新宿ドキュメンタリー映画として残ったようだ。声高に語らない静かな映画です。

  紀伊國屋書店の店内シーンが多い。
  主人公の横尾忠則じゃないが、あれもこれもとジャンルを越えて、欲しい本がいっぱいあった。
  当時、確かな情報源は、書籍から花園神社の張り紙まで、もっぱら印刷物だった。
  だからこそ、相対的に芝居や映画の価値が今より あったのかもしれない。
状況  唐をはじめ、状況劇場の人々が若く輝いている。時代を作っていた。

表紙



















監督:大島渚|1969年|ATG|97分|
脚本:田村孟、佐々木守、足立正生、大島渚 |撮影:吉岡康弘、仙元誠三|
出演:横尾忠則 (岡ノ上鳥男と名のる青年)|横山リエ (鈴木ウメ子と呼ばれる女)|田辺茂一 (田辺茂一氏)|高橋鉄 (高橋鉄氏)|佐藤慶 (佐藤慶氏)|渡辺文雄 (渡辺文雄氏)|戸浦六宏 (戸浦六宏氏)|唐十郎 (唐十郎氏)|麿赤児 (状況劇場の人々)|大久保鷹 (状況劇場の人々)|四谷シモン (状況劇場の人々)|不破万作 (状況劇場の人々)|九頭登 (状況劇場の人々)|藤原マキ (状況劇場の人々)|李礼仙 (状況劇場の人々)|


 浅井慎平の映画「キッドナップ・ブルース」で、渡辺文雄が屋台のおでん屋で、タモリ相手に小難しい事をぶつぶつ言っているシーンがあった。それでこの映画を思い出した。  

紀伊國屋書店のあゆみ1955年~ 公式サイトの沿革ページに行く


ATGの映画はいいですね。
 下記の特集で、ATG作品をまとめています。クリックしてご覧ください。
キャプチャ4 天地52  2


大島渚 監督の映画
写真
愛と希望の街
写真
少年
写真
新宿泥棒日記
写真
夏の妹
>


【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply