映画「愛より強く」 監督:ファティ・アキン

トップ

  この監督は好きなんだが、この作品だけはダメだ。
  
  監督お得意の設定、ハンブルクそしてイスタンブールへと向かう話。
  酒、ドラッグ、暴力、自虐が、これでもかというくらいに過剰だ。
  なぜそうなの、という事が説明されない。だから余計に過剰に感じる。よって愛がかすむ。


女  トルコ系ドイツ人の普通の家に生まれた若い娘シベルが、家を出たい、男たちと遊びたい、ここまでは分かるとしても、リストカットまでして偽装結婚してまで何故・・・家を出たいか。普通に家出すればいいジャン。
  たぶん、シベルは双極性障害か何かなんだろう、精神クリニックにいたのは、そのせいだと思われる。

男  一方、同じくトルコ系ドイツ人のジャイドは40歳くらい。妻に先立たれ絶望の淵にいる設定。妻の自殺か? あるいは事故にでも遭遇してジャイドだけ助かったのか? 妻が長い闘病生活の末に亡くなったのなら、人間、こんなに暴れない。逆に言えば40歳にもなって、ティーンエイジの若造のように酒、ドラッグ、暴力、自虐に一目散なのが、かなり不自然だ。
  おい、ジャイトさん、あんた、だいじょうぶかい?

  総じていえば、この映画製作時、ファティ・アキン監督が何か、精神的に追い詰められ、取り乱していたのかもしれない。  この映画を都合、3回観たが・・・あきませんわ。

イスタンブール監督・脚本:ファティ・アキン|ドイツ、トルコ|2004年|121分||
撮影監督:ライナー・クラウスマン
出演:ビロル・ユーネル(ジャイト)|シベル・ケキリ(シベル)|カトリン・シュトリーベック(マレン)|メルテム・クンブル(ゼルマ)|ほか


これまでに記事にしたファティ・アキン監督の作品をここにまとめています。
ぜひご覧ください。
決め100 (2)


【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply