映画「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」  監督:バンクシー

トップ1

  この映画を作ったバンクシーという人は、実在の人物らしい。(上の写真)  詳しくはwikipediaの「バンクシー」へ
  本業は、素顔を公にせず、神出鬼没に活動する、ストリートアーティスト。

描く  で、この映画は、たぶんドキュメンタリーではなく、ドキュメンタリーに似せた創作だろう。(ホラーじゃない)
  まず、偽物である事が可笑しい。次にストーリーだが、映画が進むに連れ、位相が徐々にねじれていく。これが可笑しい。
  世渡りのうまい人で、エセ〇〇がうまい人がいる。その上、「わかってない」という事が、わかってない。・・・という人がいる。という事を、バンクシーは誰に向けて言っているのか?・・・。これが可笑しい。

  wikipediaによれば、メトロポリタン美術館など世界で著名な大美術館の、人気のない展示室に、額縁入りのバンクシー自身の絵を無断で展示し、作品説明プレートも張ったらしい。同じように、ドキュメンタリー映画というジャンルに、バンクシーはこの映画を入れたことになる。

ポスター  彼は、ストリートアーティストだから、建物の壁や塀や広告看板にイラストを描く、あるいはあらかじめ用意した大きなイラストを、ローラーと糊で貼り付ける。一方、サザビーズのオークションでは目の玉が飛び出る価格で彼の作品が落札されるらしい。だから、「 落書きと間違えた市当局が、巨匠バンクシーの作品を塗りつぶす」なんて事が大ニュースになる。すでに描かれたイラストを消さないで市民運動によって、消されずに済んだものもあるそうだ。

サブ原題:Exit Through the Gift Shop|
監督:バンクシー|アメリカ、イギリス|2010年|87分|ドキュメンタリー|
出演:ティエリー・グエッタ|スペース・インベーダー|シェパード・フェイリー|バンクシー(本人?)

■バンクシー氏の公式サイト http://www.banksy.co.uk/

ビル

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
  題名で探す   こちらから
  監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply