映画「旅の重さ」  監督:斎藤耕一

TOPページにもどる

トップ

段々畑



  甘口の青春映画です。
  しかし、がっしり構えたフレームと計算された構図の中を、精いっぱいがんばる高橋洋子が、たどたどしくも、まぶしい。
  16歳の少女が、夏の空の下、四国遍路の旅に出た。
  さまざまな人々と接し、多くを学べる吸収力は若さゆえ。そして、みずから終止符を打って旅は終わる。体調をくずした少女を助けた年上の漁師の家に、彼女は住みつくことになる。

三国  少女が主人公。ともすれば軽くなってしまうストーリーに、コクと深みを加えるのがカメラと脇役たち。とりわけ、ドサ周りの大衆演劇の座長、三國連太郎が、「旅の重さ」の重心を担っている。

少女が住みついた漁師の中庭に少女がいる。画像左側
漁師の家

 
                                         

キハ 雨宿り

座員 麦わら

秋吉 ふたり


空






監督:斎藤耕一|1972年|90分|松竹|
原作:素九鬼子|脚本:石森史郎|撮影:坂本典隆|音楽:よしだたくろう「今日までそして明日から」|
出演:高橋洋子 (少女)|岸田今日子 (ママ)|
三國連太郎 (座長:松田国太郎)|高橋悦史 (漁師:木村大三)|
横山リエ (旅役者:政子)|中川加奈 (同:光子)|園田健二 (同:吉蔵)|砂塚秀夫 (同:竜次)|
秋吉久美子 (少女が住みついた漁師村の少女:加代)|富山真沙子|田中筆子|新村礼子 (中年の女遍路)|森塚敏|山本紀彦|谷よしの|三谷昇|高畑喜三|大塚国夫 (ママの愛人)|


こちらで、本作のような「静かな映画」(邦画編)を
厳選し、まとめています。
キャプチャ250-1 (2)-1


1970年代の日本映画を、こちらでまとめています。
20191118151744433_2020021821130526c_2020121220014137b.jpg


斎藤耕一 監督の映画
写真
無宿
写真
約束
写真
旅の重さ


【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply