イェール大学合唱団&ジュリアード音楽院古楽オーケストラ演奏会  J.S.バッハ ロ短調ミサ曲 BWV232  指揮:鈴木雅明

u_20130603203216.jpg

  指揮の鈴木雅明は、世界に冠たるバッハ演奏の第一人者。
  バッハ・コレギウム・ジャパン(合唱&管弦楽)を率いて日本のみならず、欧米各所で演奏活動を展開している。

  今回は、東京藝術大学 奏楽堂にて、ロ短調ミサ曲である。わくわくである。
合唱0  合唱団は、イェール・スコラ・カントルム。2009年から鈴木雅明が正指揮者として迎えられている。合唱団メンバーはイェール大学生からオーディションで選抜された学生で構成されている。世界中を演奏活動していてCD録音も多い素晴らしい合唱団。


演奏  演奏は、ジュリアード音楽院古楽オーケストラ。あのジュリアード音楽院だ。コンサートマスターはNanae Iwataとある、日本人らしい。

  コンサート内容は、一点のくもりもなく、明快で、実に多くを語りかけてくる素晴らしい演奏会でした。ほぼ満席。
  ロ短調ミサ曲は、いいな!




指揮:鈴木雅明
出演:イェール・スコラ・カントルム / ジュリアード音楽院古楽オーケストラ
曲目:J.S.バッハ ロ短調ミサ曲 BWV232

奏楽堂東京公演6月2日 東京藝術大学 奏楽堂


バッハ・コレギウム・ジャパン[ 合唱&管弦楽 ]
公式サイト:http://bachcollegiumjapan.org/profile/
(外部リンクです)
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply