比叡山 「山頂のひみつ」

山頂夜

  その夏、京都の夜景を独り占めしたことがある。
  それは、比叡山山頂から市内を見下ろす、百万ドルの夜景。

  ロープウェイは、とっくに終電を終え、山頂にいるのは、わたし一人。
  なにしろ、山の頂は真っ暗闇。
  虫の音以外、物音ひとつ、しない。

駅舎0  ここは、ロープウェイ山頂駅の旧駅舎の2階。
  むき出しのコンクリート壁と床。 
  その見捨てられた空間に、不釣り合いな、大きな窓。
  元・展望室だ。 
 
  この展望室の広い空間にポツンと、鉄製の2段ベッドがあって、
  上段のベッドに横たわると、ダイナミックな夜景が眼下に広がる。
  その夏の、シーンとした深夜、京の夜景を独り占めであった。


上  比叡山。夏でも、ひんやり涼しい。
  出町柳から叡山電鉄で終点の八瀬比叡山口駅下車。
  ふもとからケーブルカー、ロープウェイを乗り継いで、山頂へ。
  山頂の比叡山四明岳(838m)にある、旧駅舎の2階が、ひみつの場所だった。  

  あの時、山頂にあるレストランでウェイターのバイトをしていた。
  元・展望室は、当時、レストラン従業員のための簡易宿泊所だった。
  社員は全員、仕事が終われば下山、帰宅するが、
  私はひとり、山頂で寝起きしていた。早朝の空気もすばらしかった。
  だが、「山頂近くに自殺の名所があって、幽霊が出る・・・」当時そんなウワサを社員がしていたのを思い出す。

この夏、比叡山に行ってきた。
今はきれいになって休憩所として公開されていた。

室内0





上空   アニメ 「有頂天家族」 が好き!

    原作は森見登美彦の小説。
    小説は途中で読むのを止めたが、アニメの方が断然おもしろい。
    京都市内上空の空間は、叡山まで続く・・・。
    関東では、TOKYO MXで放映中。


有頂天家族


映画ピックアップ  一夜一話より                                       
  いくつかのテーマに沿って、一夜一話に掲載の映画の中からピックアップしていきます。
  第5弾を追加しました。 (2013.8.5)

関西  関西60第5弾のテーマは 「関西の映画です。」

  大阪をはじめ、関西が舞台の映画を、過去の記事から選び出しました。
  東京目線で言うと、日本で一番の、最大勢力なローカル・関西。
  関西目線でいうと、東京、ナンボのもんじゃ!  こちらからどうぞ。 




   
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply