うまい酒と・・・。  熱海の花火、伊豆長岡・正平荘、そして夜景

花火大会0◆ 熱海の花火
  ファンです。
  海ですから、花火の規模が大きい。
  それに、ものすごい数の打ち上げ花火は豪華絢爛。ラストに用意される仕掛け花火も熱海ならではのもの。
  遠くの花火に風情を感じるが、直下でドカンと見る花火を薦めたい。
  熱海の花火は、爆発音のドーン、ズーンという重低音が楽しめる。海に向かって立つと、背中側が山にぐるりと囲まれるため、低音に「踏ん張り」がかかる、熱海の地形のおかげだ。 地魚で一献。

  熱海海上花火大会・公式サイト  外部リンク http://www.ataminews.gr.jp/hanabi/
  春夏秋冬、開催されている。



正平荘◆ 伊豆長岡・正平荘の京料理
  口にした瞬間、ううっ! その味は、上品な京の味。たとえば料亭「菊乃井」の、あの味。 お聞きすると、料理長は京料理「たん熊」のご出身。
  もちろん、伊豆長岡の食材と地場の味付も加えての献立。
  「焼きハモと田中玉ねぎのサイフォンスープ」が良かった。予め、焼きハモ等の具が、サイフォン上部のガラスに入っていて、下部にスープを入れて、じわじわ温める。コーヒーと同じ。吹き上げたところで、椀に入れて頂く。何がいいって、このスープ(だし)。上品な京の味。参りました。(写真:前菜とサイフォンスープのだし)
  この宿の夕食は、2時間かけて楽しむ趣向です。
  ひとつ、残念なのは、酒のセレクトがよろしくない。日本酒、ワインがボトルでかつ高額。お銚子での選択肢が狭く、その地酒は不味い。グラスワインがない。



   
◆ 「夏の星空&夜景」鑑賞バスツアー  伊豆長岡温泉限定企画
  キャッチフレーズはこうだった。
  だるま山から眺める伊豆の夜景と満天の星空。運が良ければ荘厳な富士のシルエットも!

  あいにく当日は、満月。こうこうと夜空を照らす月が邪魔して、星が見えない。
  でも、夜景がすばらしい。人間なら、たまにはこうして高い所に立つべきだ。

  観光協会の若手の方が企画し、ご自身自らツアーコンダクター。頑張ってらっしゃる姿がいい。
  そうだよ、長伊豆岡の空も、大きな観光資源だ。

  「伊豆の夜景と夏の星空・探索バスツアー」公式サイト 
   外部リンク  http://izuspa.com/2013/07/22/ (開催期間が過ぎるとリンクしないかもしれません)
   期間:2013年8月10日〜8月24日  時間:20時〜22時頃
   
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply