映画「ナイン・ソウルズ」  監督:豊田利晃  主演:原田芳雄、松田龍平ほか

上
組組00
  刑務所を脱走した9人の男たちの顛末を描く、コメディ映画です。
  殺人シーンがいくつもあるので、シリアスな映画なんだと思って観ると、ありえないっとか、つまんないっ、という事になってしまいます。コメディ映画ですからね、楽しんで観ましょう。

  9人は、みな10数年の刑期がまだある人たちだ。一番の年長者・虎吉(原田芳雄)の指揮のもとに、集団で脱出、奪ったキャンピング・カーで逃走する。
  しかし、この団体行動は徐々に崩れていく。9人それぞれが抱えている思いや願いを叶えるべく、ひとりまたひとりとキャンピング・カーを降りて行く。 脱走のニュースは刻々と報道される。東京に着いた時には、メンバーは3人になってしまった。

  そもそも、この脱走は虎吉自身のための脱走計画だった。
  虎吉は用意していた礼服に着替えて、娘(松たか子)の結婚式場へ向かったが、娘に拒否される。そりゃそうでしょう。でも虎吉は嬉しかった。虎吉はキャンピング・カーに戻ってひとりぼんやりしていると、去って行ったメンバーが三々五々戻って来る。わいわいがやがや、楽しい。もちろん、まぼろしであることは彼も分かっている。
  だが、ひとり足りない。金子(松田龍平)だ。ラジオから金子がビルで籠城している事件のニュースが流れている。虎吉は、その現場に車を走らせ、ビルの下からクラクションを鳴らす。金子がそれに気付いて、ビルの窓を開けた・・・。

  9人それぞれが演技を競い合っていて楽しいですが、彼らの愛人役であったり弟役(瑛太)であったりする、チョイ役出演の俳優たちもいい味だしてます。


下監督・脚本:豊田利晃|2003年|120分|
撮影:藤澤順一
出演:長谷川虎吉:原田芳雄|金子未散:松田龍平|車一馬:千原浩史|宍戸ラン:鬼丸|亀井富士夫:板尾創路|猿渡清:KEE|白鳥ひでみ:マメ山田|乾真一:鈴木卓爾|牛山一郎:大楽源太|元偽札王 山本:國村隼|定食屋の主人:藤木悠|駄菓子屋の主人:麿赤兒|タモリ:北村一輝|脱走犯の金子の弟・金子ノボル:瑛太|中山:井上順|
ユキ:松たか子|ガン子:鈴木杏|ユリナ:伊東美咲|佳子:京野ことみ|ミサオ:唯野未歩子|希新:今宿麻美|ほか
組15000

















特集:刑務所は出たけれどの物語
「刑務所は出たけれど」という切り口で、映画を集めました。
刑務所は出たけれど


【 一夜一話の歩き方 】
下記、タップしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply